便秘解消法で特に効果が高い方法

便秘の解消法として効果があると言われているのは食物繊維、ヨーグルト(ビフィズス菌)、オリゴ糖を補うこと、水分摂取(毎日2リットル)、運動などです。

これらの中で、一番効果が高くて即効性のある便秘解消法はどれでしょうか。

まず、便秘薬は即効性の便秘解消法ですが、便秘薬の欠点は飲み続けるほど便秘解消効果が低くなっていくことです。

便秘薬を飲む期間が長いと、大腸メラノーシス(大腸壁が真っ黒に染まり、便秘薬が効きにくくなり、自力での排便も困難になる症状)になってしまいます。

一般的に市販されている便秘薬の半分以上は刺激性下剤といって、アントラキノン系(センナ)またはジフェニルメタン系(化学合成)の便秘薬です。

これらの刺激性下剤が大腸メラノーシスの原因になります。

便秘薬には他に機械性下剤(食物繊維に似た効果をもつ下剤)もあり、この種の便秘薬は前述の刺激性下剤より副作用が少ないので安全です。

また、便秘茶は天然由来の成分で安全に便秘を改善できると勘違いしがちですが、便秘茶の成分は便秘薬そのもの(センナ)です。

なぜなら、便秘薬と便秘茶は同じ原料(センナ)から製造されているからです。

よって、便秘茶を飲んでも大腸メラノーシスになるのは同じで、便秘茶を飲み続けると自力での排便が困難になっていきます。

そこで、便秘薬や便秘茶に頼らない便秘解消法が重要になります。

まず、便意をもよおしたら我慢しないことが便秘解消法の第一歩となります。

なぜなら、排便を我慢すると、直腸性便秘になってしまうからです。

直腸性便秘とは、直腸に便が下りてきても便意を感じにくくなる症状です。排便を我慢することで直腸性便秘になります。

便秘の原因は基本的に、腸内環境が悪いため腸の動きが鈍くなることです。腸の動きが鈍くなれば便を排出できなくなるからです。

よって、腸内環境を整えることが便秘を解消するには大切なことです。ヨーグルトを食べて乳酸菌を補うのも、腸内環境を整えるためですね。

腸内環境を整える効果が高い食品は、食物繊維とオリゴ糖です。

食物繊維は野菜を積極的に食べて補いましょう。

オリゴ糖に関しては、スーパーなどで入手できる液体状のものはオリゴ糖の含有量が少ないです。砂糖(水あめ)を多量に混ぜてカサを増やしているので、効果は低いです。

もしオリゴ糖を補うなら、ラフィノースのようなオリゴ糖含有量が多い製品で補いましょう。その方が便秘が改善しやすいです。

また、即効性の便秘解消法として、ラフィノースのようなオリゴ糖含有量の高い製品を比較的多めに(通常の基準摂取量の2~3倍程度)摂取することです。

そうすると、摂取して15分ほどすれば下痢のような便意をもよおすはずです。

(ただし、このようなオリゴ糖の多量摂取は一般的には推奨されていないので、もし実践する場合は自己責任でお願いします。)

便秘を解消するツボもありますが、ツボを押しても便秘の根本的な原因(腸内環境の悪化)は改善できません。

便秘のツボは一時的な効果を得る行為に過ぎないため、あまりおすすめはしません。

便秘を解消する方法として、運動や水分補給(毎日2リットル)も効果的です。

まとめると、

1.便意を我慢すると便秘が悪化するので、便意を我慢しないこと。

2.便秘を解消させる食品で効果が高いのは、食物繊維とラフィノースのような高純度のオリゴ糖。

3.適度に運動を行うことは便秘の改善に役立つ。

4.毎日2リットルの水分補給は便秘の改善に役立つ。

ということです。