顔のたるみの原因は?顔のたるみを解消するには?

顔のたるみの原因は肌弾力の低下が主に挙げられ、表情筋の衰えも関係します。だから、顔のたるみを解消するには肌弾力の低下を主に改善する必要があります。

では、なぜ肌弾力が低下するのでしょうか?

その原因は、肌を紫外線にあてること、食生活で適切な栄養摂取ができていないこと、肌の乾燥、睡眠不足、加齢などが挙げられます。

肌を紫外線にあてると、肌はダメージを受けます。だから、今後の顔のたるみの悪化を防ぐために、今日からでも外出の際は紫外線を防ぐように工夫する必要があります。

紫外線による肌へのダメージは子供の頃から蓄積されますので、もしあなたに子供がいるなら、今から紫外線にあてないように守ってあげてください。

次に、顔のたるみの原因となる食生活の悪化とは、具体的な栄養素でいえば何が不足しているのでしょうか?

肌を紫外線のダメージから守る栄養素であるビタミンCとビタミンE、ポリフェノール、そして、肌を作る栄養素であるたんぱく質やビタミンC(ビタミンCは肌再生に重要な栄養素)が挙げられます。

ビタミンC、E、ポリフェノールは抗酸化作用を持つ栄養素として有名ですね。紫外線による肌へのダメージを防ぎ、顔のたるみを悪化させないようにする栄養素です。

肌を作る栄養素で特に重要なのが、たんぱく質とビタミンCです。

これらの栄養素は、コラーゲンやエラスチンなど肌を構成する組織=真皮を再生する働きがあり、肌の再生を促進させる栄養素です。

詳しく言えば、肌の真皮を作る元となる線維芽細胞を再生させる栄養素です。

コラーゲンが肌に良いと言われ、サプリやゼリーなどコラーゲン関連商品はたくさんあります。しかし、コラーゲンを摂取するよりたんぱく質を摂取した方が肌の再生には効果的です。

また、肌の再生に関係する栄養素はたんぱく質とビタミンCの他にもあり、具体的に言えば亜鉛、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンA、B1、B2、B6です。

ビタミン関係やポリフェノールの摂取は難しく考える必要はなく、緑黄色野菜を努めて食べるように意識すれば自然と補えます。

意識して補う必要があるのはたんぱく質でしょう。たんぱく質を補えばそのままコラーゲンやエラスチンの再生につながり、不足すれば肌がカサカサになります。

よって、顔のたるみの解消法として、意識して補うべき最重要な栄養素がたんぱく質なのです。

これらの栄養素を補って肌のコラーゲンやエラスチンを再生させれば、コラーゲンやエラスチンの隙間がヒアルロン酸で満たされるようになります。

ヒアルロン酸はみずみずしい弾力のある肌を作る成分ですね。

加齢は肌が衰える原因であり、顔のたるみの原因にもなっています。

誰でも歳を取れば肌が衰えるのは避けられませんが、加齢による肌の衰えを最小限に食い止めるためには、上に書いた対策(紫外線を防ぐ、たんぱく質などの栄養不足を防ぐ)を行うとよいです。

今からでもやるのとやらないのとでは、5年後、10年後の肌の状態が明らかに変わります。

表情筋の衰えは、肌弾力の低下のような顔のたるみの根本的な原因ではないため、顔のたるみを改善するプラスアルファの要素として考えるとよいでしょう。

表情筋トレーニングの方法としては、大きな口を開けて大げさに「あ、い、う、え、お」の形を作るとよいでしょう。

ただし、表情筋トレーニングをやる場合には注意点があります。

あまりにも顔の筋肉に力を入れすぎたり、口を大きく開けすぎたりして、顔の皮膚を伸ばさないようにしないといけない、ということです。

顔のたるみの原因の1つは顔の皮膚が伸びてしまうことだからです。

また、顔のたるみにマッサージは禁物です。顔のたるみを改善するマッサージなどあるようですが、たるみが改善するどころか悪化する原因になります。

マッサージには肌のたるみを改善する効果がないばかりか、皮膚を伸ばしてしまう危険があるからです。

マッサージは肌のたるみの原因になるだけでなく、シワの原因にもなります。

さらに、皮膚は一度伸びると一生元に戻らないため細心の注意が必要です。エステで小顔マッサージを受けるのも考えものですね。

まとめると、顔のたるみを改善する主要な栄養素はたんぱく質とビタミンCであり、亜鉛、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンA、B1、B2、B6も肌の再生にかかわる栄養素です。

よって、これらの栄養素を努めて摂取することが肌のたるみの改善に効果的です。

また、肌のたるみの原因として避けなければならないのが紫外線です。紫外線は肌が老化する主因なので注意しましょう。

肌を紫外線から守る栄養素はビタミンC、Eとポリフェノールです。